ストレスをためない生活

ストレスは円形脱毛症の原因の中の一つとされています。

また発症後に関しても、症状に対する驚きといらだち、将来完治するかについての不安、他人の目が気になることなど、さまざまな理由からストレスを感じるケースが多く、そのことが治療にマイナスの影響を与えることもしばしばです。

特に症状があらわれた後では、生活スタイルが大きく変わることでストレスの度合いも高く、ストレスとの上手な付き合い方が重要になってくると言えましょう。

円形脱毛症と向き合うこと

円形脱毛症であるということを受け入れるのは、心理的に辛いものです。脱毛することに対する喪失感はもちろん、他人の目が気になって、会社や学校に行きたくなくなったりするケースも少なくありません。これまでの生活が崩れてしまうことで意欲や思考が低下し、ストレスのために憂鬱な気分になり、うつ状態におちいることもあります。

ストレスをためないためには、治療生活中であっても普段と変わらない生活を送るための工夫が必要です。円形脱毛症になると、仕事や生活等に消極的になりがちですが、治癒に向けての希望を持ち、積極的な生活を送ることが重要です。

生活の知恵と工夫では、治療生活中の生活の質を高めるコツを掲載していますので、こちらも合せてご覧ください。

リラックスできる環境づくり

治療生活以外にも、職場や学校、家庭などでストレスが生じてしまうケースがあります。その場合、ストレスの要因と距離を置くことが望ましいですが、やむを得ない事情により、それが困難な場合もあります。

そのような時は、ストレスをためすぎないためにも、音楽や映画などの趣味、入浴、マッサージ、食事など自分に合ったストレス発散法を工夫するようにしましょう。
頭皮マッサージや、正しいシャンプーの仕方をご紹介していますので、参考にしてみてください。

生活の知恵と工夫

関連コンテンツ

円形脱毛症について

ヘアケアの基本

ストレスをためない生活で、円形脱毛症を治療します。円形脱毛症.comでは円形脱毛症でお悩みの方をハートフルサポートする情報サイトです。

このページのトップへ