正しいシャンプーの仕方

頭皮は汗・皮脂の分泌が盛んなため、毎日洗う必要があります。
優しく洗ってしっかりとすすぎましょう。

お湯(シャワー)で十分に洗い流します

まず、髪を十分にお湯(シャワー)で流します。多くの汚れはお湯でとれます。
十分にお湯で汚れを流しておくことによって、少量のシャンプーで洗髪することができます。

シャンプーを手のひらにとり、十分に泡立てます

お湯洗いで落ちなかった皮脂や整髪料の汚れをシャンプーで落とします。
シャンプーを手のひらにとり(500円玉程度)、良く泡立てます。
洗顔ネットなどを使ってよりきめ細かい泡にするのがコツです。

地肌をマッサージするように洗います

よく泡立ったら頭皮につけて指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗います。

この時に爪を立てて洗うと地肌を痛めてしまいますので、指の腹でやさしく洗うことが大切です。

皮脂や整髪料の汚れが強いときはすぐに泡が無くなってしまいますので、一度洗い流したあと再度同じように泡立てて洗ってください。

髪の毛は泡でなでるように優しく洗います

髪の内側に指を通して、毛先に向かって滑らせるようにシャンプーの泡を移動させます。
髪の汚れは泡のチカラで十分です。髪をこすったりすることは髪を傷めます。

シャンプーをよく洗い流します

シャンプーが髪や頭皮に残らないように、しっかりと洗い流します。
どんなに優しいシャンプーでも、頭皮や髪に残してしまうと頭皮トラブルの原因になりますので、シャンプーが残らないように、すすぎは丁寧に。

トリートメント(コンディショナー)を塗布します

一般的に、髪の傷んだ部分を補修するものです。髪に行き渡らせ、特に毛先に十分揉みこんでください。その後に、しっかり洗い流してください。特に髪の生え際にコンディショナーが残りやすいので、きちんとすすぎましょう。

髪と地肌をしっかり乾かします

タオルで髪を挟むように優しく水分をとります。次にドライヤーで適度に乾かします。頭皮がいつまでも濡れている状態にしていると、地肌が蒸れてかゆみやフケのもとになりますので、地肌は素早くドライヤーで乾かしてください。

髪と頭皮を真剣に考えるサロンがおすすめ!
プフレ スカルプシリーズ
シャンプー&トリートメント 各¥2,000(税抜)

カテキンのチカラが、頭皮・毛髪を健やかにたもち、消臭に力を発揮!

~緑茶葉エキス(カテキン)配合~
(目的:髪と頭皮を健やかにたもつ・臭いを抑える)

髪、頭皮を健やかにたもつことに着目して開発されたヘアケアスカルプシリーズです。緑茶葉エキス(カテキン)を油性にして配合しました。
シャンプーは泡立ちが良く、気になる汗の臭いを洗い流して頭皮と毛髪を清浄にします。さらに毛髪にハリを与え、ツヤをたもちます。またトリートメントは、毛髪をしなやかにするとともに自然なハリも与え、ボリューム感あるスタイルに整え、静電気も抑えるお手伝いを。

シャンプー トリートメント

ヘアケアの基本

関連コンテンツ

円形脱毛症について

生活の知恵と工夫

正しいシャンプーの仕方をご紹介。円形脱毛症.comでは円形脱毛症でお悩みの方をハートフルサポートする情報サイトです。

このページのトップへ