子どもの円形脱毛症

円形脱毛症の患者の約4分の1は、15歳以下の子どもだと言われています。子どもの円形脱毛症は治りにくいことが多いようですが、焦らずに治療を続けましょう。また、頭髪が抜けるということで、精神的なショックも多くなります。家族や学校など、周りの理解、温かい目が大切です。

また、必要に応じて子ども用のウィッグ(かつら)などを活用し、精神的な負担を軽くすることも、ストレス軽減につながります。

治療に必要な期間は?

一般的に、単発型は治りやすく、1年以内の治癒率は約80%です。

一方で、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型などの重い症例では、現状維持か、悪化しているケースが約6割を占めており、治癒にも10年以上かかるケースもまれにあります。 そのために、親子が力を合わせた根気強い対応が必要です。

ストレスの軽減を考える

子どもの円形脱毛症は、ストレスを起因とする場合があるため、病院での治療に加え、ストレスの原因を取り除くことも大切です。ストレスの原因が明確な場合は、親子でじっくり話し合い解決方法を模索することができます。

しかし、自分の気持ちをうまく表現できない幼児期の子どもは、ストレスの原因が探りに くい場合があります。また、親に心配をかけないよう「良い子」を演じてしまう場合もあります。信頼できる先生と一緒に焦らずに原因を考えていくことも大切です。

また、円形脱毛症を発症することにより、いじめられたりからかわれたりして新たなストレスを抱える場合もあります。その対応法としては、脱毛斑が隠れるように髪型を変えたり、女の子であればピンで髪を止めることにより隠す方法もあります。また、脱毛斑が大きくなれば、子ども用のウィッグ(かつら)を使うことも考えましょう。ただし、ウィッグ(かつら)を使用する際には、もし本人が嫌がる場合には押し付けたりせずに、どのようにしたいのか親子でじっくり話し合う必要があります。

大切な、家族のサポート

子どもの円形脱毛症は、お母さんが自責の念や将来への不安から、神経過敏になるケースが見受け られます。ついつい過保護になる、症状をかばうなどの傾向が強くなり、子どもに影響されてお母さんもストレスが多くなりがちです。このような場合は、お父さんが積極的に 治療に参加し、悩んでいるお母さんと子どもの逃げ場を用意してあげましょう。

親子の対話をできるだけ増やし、心のゆとりを取り戻すきっかけを作っていきましょう。加えて、子どもへの過保護な扱いをやめ特別扱いしないで普通に接することは、子どもの心の安定につながっていきます。

また、脱毛により「外見の変化(脱毛すること)が、人としての価値を下げることではない」ことを繰り返し伝えるなど、子どもが精神的に立ち直る手助けをしましょう。

よく似た症状「抜毛症」と混同しない

抜毛症とは、自分で頭髪を抜いてしまう疾患です。一般的に、人間関係で悩みを持つおとなしい性格の子どもや思春期の年代に多く発生すると言われています。

抜毛症は時に、円形脱毛症と症状が似ていることがあり、混同されることもあります。その見分け方としては、抜毛症は脱毛斑の境界があいまいだったり、毛が途中でちぎれていたり、利き手側に脱毛斑が集中しているなどの特徴があります。

監修:横浜労災病院 皮膚科部長 医学博士 齊藤典充先生
野村皮膚科医院 院長 医学博士 野村有子先生

関連ページ

お子様の円形脱毛症について。円形脱毛症.comでは円形脱毛症でお悩みの方をハートフルサポートする情報サイトです。

このページのトップへ