はじめて円形脱毛症になったとき

はじめて円形脱毛症になると、突如自分の頭髪が抜けだして、多くの方が驚いたり戸惑ったりします。中には、隠すことばかりに気を取られて、「時間が経てば治る」と考え、治療に取り組まずに自己流の治療法を試す人もいるようです。そのために完治までの時間が延びてしまったり、時には悪化してしまう場合もあります。

はじめて髪が抜けた時

はじめて髪が抜けたり、脱毛班ができたりした時、何をすべきでしょうか。
まずは、円形脱毛症についての理解を深めましょう。
どの様な特徴があるのか?症状は?原因は?治療法は?など、
円形脱毛症の正しい知識を身につけ、噂や思い込みなどに惑わされないようにしましょう。

特に、一番軽い症状の「単発型」だと、約80%の人が1年以内に治癒しているとのデータもありますので、過度に不安がる必要はありません。
大切なのは、「円形脱毛症かな?」と思ったら早めに皮膚科に受診することです。

また、頭髪が脱毛してしまう、円形脱毛症とは違う病気の場合があります。
特に、子どもの場合はストレスで頭髪を自分で抜いてしまう「抜毛症」のケースも考えられます。
円形脱毛症とは?では、円形脱毛症の特徴を記載していますので、気になる方は診療前に自分でチェックをしてみることも良いでしょう。

自分でできること、できないこと

円形脱毛症の単発型の多くは、早期に回復に向かっていくとはいえ、自分の髪が抜けていく心理的な負担は大きなものがあります。それだけに、「早く治したい」「色々な治療法を試してみたい」という思いにかられることもあるでしょう。

しかし、治療に関しては、皮膚科医の医学会「日本皮膚科学会」が科学的に検証した診療ガイドラインが作られているので、科学的根拠が不確かな治療法を自己流で行う前に、一度皮膚科医に相談することをお勧めします。

一方で、自宅や自分でできる取り組みもあります。
例えば、頭皮環境を整えるシャンプーは、正しい方法で毎日行うことがおすすめです。
また、頭皮マッサージもご紹介しています。

その他、脱毛班を上手に隠す方法や、治療中においても豊かな生活を送る工夫など、治療生活に役に立つ情報をご用意していますので、参考にしてみてください。
極力普段と変わらない生活を送ることにより、ストレスをため込みにくい生活を送ることができます。

監修:横浜労災病院 皮膚科部長 医学博士 齊藤典充先生
野村皮膚科医院 院長 医学博士 野村有子先生

関連ページ

はじめて円形脱毛症になった方へ。円形脱毛症.comでは円形脱毛症でお悩みの方をハートフルサポートする情報サイトです。

このページのトップへ