円形脱毛症における脱毛部分の上手な隠し方

円形脱毛症を発症すると、どうしても他人の目が気になってしまいます。その場合、帽子などを上手に活用して脱毛斑を隠すことで、心配、不安をいくらか取り払うことができます。
ここでは、円形脱毛症における脱毛部分の上手な隠し方について考えてみましょう。

隠すには、どんな道具が?

1.帽子、バンダナ、スカーフ

最も手軽に隠すことができるのは、帽子やスカーフ、バンダナなどです。頭部の大部分を覆うことができるので、単発の脱毛斑だけでなく、複数の脱毛斑を隠すのにも向いています。ただし、室内でずっと帽子をかぶっていたり、フォーマルな席にバンダナで参加したりと、場所や状況によっては不自然になりますので、注意が必要です。

また、スカーフやバンダナなどを選ぶ場合、静電気をなるべく起こさない素材のものを選びましょう。静電気は頭皮への負担の原因となり、円形脱毛症の治癒に対しては良くありません。ナイロンや毛糸ではなく綿のものを選ぶなど、素材に気をつけることが大切です。

2.ヘア・ファンデーション

単発のように脱毛斑が小さい場合は、ヘア・ファンデーションが便利です。
これは髪に直接ふりかけて、地肌に色をつけ、髪をボリュームアップさせて脱毛斑を隠します。最近では品質が良くなっていて、汗をかいたりしても落ちにくくなっています。

自分の髪やウィッグ(かつら)で上手に隠すには?

1.自分の髪を活用する

短髪の男性の場合は難しいケースもありますが、脱毛斑の数が単発または2~3箇所くらいであれば、髪型で隠すことも可能です。理髪店や美容院でうまくカットしてもらいましょう。女性の場合、ロング・セミロングの場合には、髪型で隠し、ピン等を上手く使って固定することも可能です。
また、男性の場合、スヴェンソンでは“専門のヘアスタイリストが自毛を活かしたデザインカットで隠してくれる”サービスをご提供しています。

2.ウィッグ(かつら)をつける

髪型で隠すことを一歩進めたものが、ウィッグ(かつら)の活用です。帽子などと同じく、頭部全体を覆って隠す手法ですが、大きな違いは、帽子をかぶっていては不自然な屋内などでも使える点です。

特に、医療向けのウィッグ(かつら)は、麦わら帽子程度(約80~100g)の重さしか無いため、とても軽くて着け心地が良いのが特長です。また、見た目も自髪と見分けがつかない程精巧に作られているものが多く、「ウィッグ=昔のかつら」というイメージをお持ちの方が試着すると、その自然さに驚かれる方が多いようです。

なお、ウィッグ(かつら)には、頭皮に接着剤で張り付けるピンポイントタイプのものもあります。脱毛斑の形に切って埋め込むと周りと同化し、一目ではつけている場所が区別できません。単発型など、頭部全体を覆う必要が無い方に適したウィッグ(かつら)と言えます。一方で、地肌に接着剤をつけるため、お肌にやさしい素材をつかったものであっても、長時間の利用には向いていないというところもあります。状況に応じて、帽子やスカーフなどと使い分けをすると良いでしょう。

自然な外見を心がけ、オシャレを楽しもう

脱毛斑を隠す時に大切なのは、自然な外見を維持することです。脱毛班を隠したい気持ちが強すぎて、屋内で帽子をかぶったままでいるなど、状況に合わない格好をすると、余計に周りの視線が集まることになります。「隠す」という意識を抑え、これまでと同様に自然にオシャレを楽しむ気持ちで取り組むことが、上手な隠し方の第一歩だと言えましょう。

ご自分のライフスタイルにあわせ、日常生活の中で上手に隠すことができるよう、実際にウィッグ(かつら)を体験したり、道具の選びかたなどの相談をしてみるとよいでしょう。
特に男性の場合は、帽子やウィッグに馴染みがない方や、自然な感じかどうかご自分では分からないという方も少なくないでしょう。そんな場合には、スヴェンソンの店舗で専門のスタッフにお気軽にご相談ください。男性用ウィッグ(かつら)に関するご相談を始め、オシャレを楽しみながら上手に脱毛斑を隠す方法のアドバイスなども承っています。隠しかたのアドバイスはもちろん、洋服のチョイスや全身の自然なコーディネイトの仕方、隠しながら円形脱毛症をケアする方法はじめ、どんな些細なことでもご相談いただけます。

関連ページ

円形脱毛症における脱毛部分の上手な隠し方についてご紹介。円形脱毛症.comでは円形脱毛症でお悩みの方をハートフルサポートする情報サイトです。

このページのトップへ